トルコリラFXにドルコスト平均法でTRY!

為替相場の荒波にトルコリラで挑むFXブログ。主戦術はドルコスト平均法。

当ブログの投資手法の概要は下の記事からどうぞ。
投資手法のまとめとおさらい

現在のポジション状況は下の取引画面キャプチャーからどうぞ。
最新の取引画面キャプチャー

トルコリラのチャートまとめは下の記事からどうぞ。
トルコリラのチャートまとめ

トルコリラ投資家のブログは下のリンク先が参考になります。
にほんブログ村 トラコミュ トルコリラへ
トルコリラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しています。記事が役に立ちましたらクリックして頂けると、とても嬉しいです。
スワップ派が集まる長期投資派のFXブログランキング
マネックス証券に口座を持っているので、毎日、相場概況やらコラムやらが載ったメールが届きます。内藤忍氏のコラムもあって、なかなかためになるときもあります。

そのメールで最近宣伝されているのが、表題のアジア開発銀行の2年もの15.10%トルコリラ建債券です。

メールを見て、軽い気持ちでFXとの比較をブログに書こうと思い立ったのですが、詳しく調べようとマネックスのサイトにアクセスしてみたら、とんでもない商品で驚きました。

以下、抜粋…

外貨建て外国債券をお取引される場合、所定の為替手数料(1トルコリラにつき2円50銭)がかかります。



なんと、為替手数料が2.5円もかかっています!ようするに1トルコリラ87円のときにこの債券を購入するなら、実質89.5円のレートで買わされるというわけです。

そして、さらに驚くのが、満期後にトルコリラから日本円に戻す際にも2.5円がかかるのです!

つまり、往復5円も為替手数料がかかる…



他にも複利運用ができない点、中途売却コストがかかる点など、FXと比較すればデメリットばかりです。

唯一メリットと思われるのは、トルコの政策金利が下がっても金利15.10%が保証される点くらいでしょうか。

しかし、こんな債券に投資するくらいなら、FXでトルコリラに投資した方が1万倍マシです。

FXなら好きなときに低コストで売却できますし、毎日スワップとして反映されるので利息も再投資に使えます

そして、購入手数料が1トルコリラに対して無料~3銭しかかかりません(ヒロセ通商のLION-FXやHirose-FX2ミニなどの場合)。

つまり、1トルコリラにつきトルコリラ建債券なら5円かかるところが、FXなら3銭で済むのです。

15%の利回りなら、それでも2年後に利益が出ているかもしれません。しかし、FXのリターンと比べれば必ず目減りしています。



金融広告を読めという吉本佳生さんの名著がありますが、商品知識のない人はかくも金融機関のカモにされているわけです。

マネックスはFXも扱っているので、それくらいは分かっているわけで、荒稼ぎできる商品だからこそFXには触れずに熱心に勧めているのです。

ニュースや新聞でFXの名前を見るときには「何億円も稼いで脱税した」という尾ひれが、かなりの確率でついています。一般の投資家にはまだまだFXは投機的なものとして印象が強いのではないでしょうか。

FXをそういうものとして毛嫌いしている投資家には、スワップ運用を心がければ低コストで外貨預金的な使い方ができるという話は耳に入りません。

そういう投資家に年利15%の高利回り債券があると耳打ちして稼ぐのが、今回取り上げたアジア開発銀行のトルコリラ建債券です。

マネックスとしてはこんなに美味しい商品はないでしょう。高い手数料を徴収できて、尚且つ、顧客も利益が出る可能性が高くクレームにつながりにくい。最終的に利益が出れば人は満足してしまいます。本当はもっと大きなリターンを手にできたにもかかわらず

しかし、知っている人には簡単にからくりが分かってしまいます。

せめて、米ドル程度に片道1円くらいの為替手数料なら非難するほどのものでもなかったのですが、2.5円はちょっとやりすぎだと思います。どうしても心象が悪くなってしまいます。



グループ会社マネックスユニバーシティの内藤忍さんの新著がコストを重んじるインデックス投資家に受けていることはなにかの皮肉でしょうか。

マネックスには短期的な儲けのために将来の顧客を失う可能性もあることを肝に銘じてビジネスに臨んで欲しいと思います。

そして、個人投資家は自己防衛のためにも、最低限の知識を手に入れるべきでしょう

吉本佳生さんの著作(「金融機関のカモにならない!おカネの練習問題50」「金融広告を読め」)を1冊でもぜひ読んでみてください。銀行や証券会社の売りたい商品と顧客の買いたい商品にズレが起こる理由がよく分かります。

資産運用本を読んで分かったつもりのにわか投資家が金融機関には一番おいしいのかもしれません。

資産運用の大切さを説く本は確かに重要ですが、同時にカモにならないように喚起も促してほしいものです。


ブログランキングに参加しています。記事が役に立ちましたらクリックして頂けると、とても嬉しいです。
スワップ派が集まる長期投資派のFXブログランキング
テーマ:海外投資 - ジャンル:株式・投資・マネー
一般的にトルコリラのような高金利通貨への投資は、そんなインフレの進む通貨に投資するなんて危険すぎると言われているようです。本やネットではそう書かれていることが少なくありません。

以下はマーサさんの個人的見解です。
自分を納得させるための論法でもあるので、間違っている部分もあるかもです…




高金利通貨が危険だというのは、金利が高い国=インフレが進んでいる国という図式が成り立つ前提の話です。

しかし、今の日本はどうでしょうか。低金利なのにインフレが進んでいると思いませんか。

つまり、金利とインフレには相関はあるかもしれないけれど、それ以上にその国の政府の思惑などによって金利は左右されるのではないでしょうか。

もちろん、トルコリラ一本で攻め続けるのは危険かもしれません。米ドルやユーロと比べれば、その流通量の少なさは見過ごせません。南アフリカランドなどは日本人投資家のマネーゲームで今のレートが維持されていると言っても過言ではないと思います(過言でしたらすみません…汗)。

そんな高金利通貨には、暴落の危険が付いて回ります。日本人の個人投資家ばかりが投資をしているのだから、サブプライムショックのように一気に下り坂になる相場も想像できなくはないですね。

しかし、それでも私はトルコリラに集中投資する意義は大きいと思っています。

まず、いつかトルコリラが暴落して、ロスカットを受けるとしましょう。
大丈夫です、ロスカットされても最低必要証拠金×保有通貨数は残ります!

ヒロセ通商のHirose-FX2ならトルコリラの場合、1万通貨あたり25,000円が最低必要証拠金です。もしロスカットされたときに50万通貨保有していたら、125万円は手元に残ります。

この考え方で計算していくと、いつかロスカットされても損益がプラスになる瞬間がやってきます。私のトルコリラが段々下がっていく弱気シミュレーションでは、2018年には累積入金額とロスカット時に残るお金がほぼ釣り合います。

単純に言えば10年程度、ロスカットを受けないようにすれば、元本は保証されたようなものです(もちろんシミュレーションのレートによって全然変わってくるのであしからず…)。




日本円で定期預金や国債を買っていても、ファイナンシャルフリーダムの達成には近づかないでしょう。しかし、リスクを取ってトルコリラと向き合えばその可能性は拓かれます。

しかも、時間をかければロスカットされても収支がプラスになるのです。

「そんな資産運用は危険すぎてやらない方がいいよ」という人は考えるのを放棄しているだけだと思います。もちろん危険はありますが、こうやって投資しなければ、浪費してしまうだけのお金かもしれません。

そんなお金が大きな資産になる可能性を秘めているのです。

今FXを始められてよかったなと心から思います。
まだの方も月々5万円からの投資、ちょっとやってみませんか?


ブログランキングに参加しています。記事が役に立ちましたらクリックして頂けると、とても嬉しいです。
スワップ派が集まる長期投資派のFXブログランキング
テーマ:初心者のFX入門 - ジャンル:株式・投資・マネー
月が明けて、週明けで、先週のトルコリラ高からどう値動きするかな、と楽しみにしています。

83円で3000通貨分指値を入れてみました。先月のこともあって、なるべく早くに約定させたいのですが、安く買いたいという誘惑にも勝てません(笑)

ちょっと粘って、ダメそうなら85円くらいにします。今日のレートなら、それくらいが妥当かなと思っています。

今日は、ちょっと短いですが、取り急ぎ注文内容まで(業務連絡っぽく締めてみました…)。



ブログランキングに参加しています。記事が役に立ちましたらクリックして頂けると、とても嬉しいです。
スワップ派が集まる長期投資派のFXブログランキング
テーマ:スワップ金利で生活! - ジャンル:株式・投資・マネー
トルコリラが86円を超えています。5月分で83円で取ったポジションでも8000円くらいの含み益となっています。

また、本日のトルコリラ円のスワップポイントは315円でした。
これも為替レートが上がるにつれて、上がっていくはずです。




為替差益を狙っていなくても、レートが上がればそれにつれてスワップポイントも上がるので利回りがよくなって大歓迎です。

例えば、

75円で取った1万通貨のTRY/JPYポジションに対して、年利14%で計算すると、スワップポイントは一日287円になります。

しかし、現在のレートが上がって、毎日315円のスワップを得られるようになると利回りが劇的に良くなります

計算すると、(315×365)÷(75×10000)=0.1533年利15.3%ということになります。

もちろん実際はレバレッジをかけて運用しているので、投資元本に対しての利回りは15%の2倍や3倍になります。

預金の金利が1%にも満たないことを考えても、利回り向上は結構すごいことだと思います。




しかし、まだまだ仕込み時期なので、安易にレートが上がっていくのを喜ぶわけにもいきません。下がるよりは精神衛生上はいいですが、高値掴みもいやだなぁと考えてしまいます。

エクセル上でのシミュレーションは、段々とレートが下がっていく前提でしてあるので、時間が経つにつれ為替差損が降り積もっています。しかし、レートが上がっていくとしたら、逆に為替差益が積もっていくわけで嬉しい誤算です。

いちばん怖いのは、これから徐々に上昇して100円くらいまで行ってから、下降を始めて60円を切ってしまうような動きです。その後80円くらいまで回復してくれればいいのですが、60円付近をウロウロするような値動きだと、かなりの為替差損が発生してしまいます。

一方向に相場が進み続けるシミュレーションだけではなく、かなりの幅で上下することを見越して考えておく必要がありそうです。


ということで6月分のトルコリラへの投資は、とりあえず週が明けてから考えてみます。今は一時的な高騰かもしれませんし。

含み益14万円が嬉しいような困るような心境です。



ブログランキングに参加しています。記事が役に立ちましたらクリックして頂けると、とても嬉しいです。
スワップ派が集まる長期投資派のFXブログランキング
テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー
トルコリラのチャートを探す人はけっこう多いようです。確かにヒロセ通商のHirose-FX2でも2007年の6月25日までしか月足や日足ではさかのぼれなかったりするので、それ以前のデータを探す人が多いのも納得です。

簡単に見るなら私のオススメは、Googleファイナンスです。

http://finance.google.com/finance?q=TRYJPY

2005年の2月からのデータしか見られませんが、グリグリ動かせていい感じです。

この期間なら、新トルコリラになってからの最安値69円も含まれています。

これからレートがどう動くかは分かりませんが、少なくとも69円になってもロスカットをされないようにしておく必要はありそうです。長期投資家としては

69円で仕込んでおけた人は今のレートならかなり為替差益が出ているでしょうね。そして、為替差益以上にスワップ益も単純計算で1万通貨で1日250円としても、約700日分で17万円以上です!)。

タイムスリップしたら、競馬で大儲けと思っていましたが、今は株と外貨で大儲けだなぁと考えるようになりました。少しは進歩してるのでしょうか(笑)


ブログランキングに参加しています。記事が役に立ちましたらクリックして頂けると、とても嬉しいです。
スワップ派が集まる長期投資派のFXブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。