トルコリラFXにドルコスト平均法でTRY!

為替相場の荒波にトルコリラで挑むFXブログ。主戦術はドルコスト平均法。

当ブログの投資手法の概要は下の記事からどうぞ。
投資手法のまとめとおさらい

現在のポジション状況は下の取引画面キャプチャーからどうぞ。
最新の取引画面キャプチャー

トルコリラのチャートまとめは下の記事からどうぞ。
トルコリラのチャートまとめ

トルコリラ投資家のブログは下のリンク先が参考になります。
にほんブログ村 トラコミュ トルコリラへ
トルコリラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しています。記事が役に立ちましたらクリックして頂けると、とても嬉しいです。
スワップ派が集まる長期投資派のFXブログランキング
前記事の続きです。まだの方はぜひその1から読んでみて下さい。

ドルコスト平均法をFXに適用する運用方法その1

その1ではドルコスト平均法について書きました。そして、それがFXには適用しづらいことも。

そこで私、マーサさんはどうやってFX取引にドルコスト平均法を適用しているのかをこの記事で説明しますね。




まず、勘違いしてはいけないのが、毎月5000通貨などと決めて投資を続けることは間違いだという点です。

それは前記事にあった毎回50Lの給油を続けることと同じで、買い付け単価をあげてしまいます。そうではなくて、毎月3万円なり5万円なりで、取引できる分だけの通貨を購入しなければいけません。

それこそがドルコスト平均法です。たまに間違った情報を載せているサイトもあるので、要注意です!




では、具体的な手順を説明します(もちろんこの方法はマーサさんが独自に取っているやり方なので、安全性やリターンに対して何の保証もありません。投資は自己責任でお願いします)。

基本的には、毎月5万円ずつ証拠金を追加していき、それとスワップ益を元にポジションを増やしていきます。

まず、レバレッジを固定しましょう

どこまでのリスクを許容するかによってレバレッジは変わる部分だと思いますが、私はレバレッジ3倍で運用しています(今の相場でレバレッジ3倍なら、ロスカットレートが50円付近になるので、過去のトルコリラのレートから見ても安心です)。

そして、今回の入金額と前月に得られたスワップ益を足した額にレバレッジをかけます

計算式は、

(入金額+前月のスワップ益)×レバレッジ3倍



となり、これが今月の注文可能額です。

スワップ益を足してから3倍するのは、効率的に複利運用するためです。これがないと運用成績が加速しませんので、忘れてはいけません(複利運用についてはこちらの記事で)。

そして、上記の注文可能額を現在のレートで割ると、今月取引するべき通貨数が出ます。

まとめると計算式は、

(入金額+前月のスワップ益)×レバレッジ3倍÷現在のレート



となります。これで注文する通貨数がわかりました。

しかし、ほとんどの場合、端数が出てしまいます
3450通貨であるとか、1786通貨であるとか…

なので、百以下の数字は切り捨てます

これによって、1000通貨単位で取引できるFX業者でなら、注文可能な数字になります。

切り上げや四捨五入でもいいと思いますが、なるべくリスクを減らして運用したいので、私は切り捨てています。

しかし、切り捨てた分は繰り越して、翌月の取引額に追加しています。


2008/8/8追記修正:正確には、切り捨て分に当たる証拠金を繰り越すです。

切捨てられるのは400通貨などの単位なので、それに当たる証拠金は、400通貨×現在レート÷3で求められます。

仮に今のレートが85円だとすると、400×85÷3=11333円の証拠金を翌月に繰り越すことになります。レートが90円のときに3万円で1000通貨のポジションが取れますので、だいたい3万円以下の金額を繰り越すことになります。

よって、今月の取引通貨数を求める計算式は最終的に以下のようになります。

(入金額+前月のスワップ益+前月からの繰越証拠金)×レバレッジ3倍÷現在のレート





これで無駄なく運用できます。

注文タイミングは、特に決めていませんが、月初にその時のレートから判断して指値注文していく予定です。予め設定した日に成行で注文してもいいでしょうし、月の中で割安になる日を待つのでもいいと思います。

この取引を単純に毎月繰り返していきます。




以上が、私の投資手法です。

厳密には、ドルコスト平均法とは外れますが、運用が進んで額が大きくなるほど誤差が減りますので、今は気にせずこれで進める方針です。

この手法では計算が多くなりますので、私はエクセルシートで管理しています。レートを入力するだけで、今月取引する数量が出るので手間が省けます。

また、上記数式で取引通貨数を求めるのはもちろん、ロスカットレート運用利回り損益分岐点なども一緒に計算できるようにしています。

毎月の定期的な取引なので、レートだけ入力すれば、運用成績もパッと分かります。それを活用すれば、将来のレートを色々変えてみて、運用をシミュレーションするのも簡単です。

是非一度、チャレンジしてみてください。未来の資産を想像するとにやけてきます。

次回は、私の取引口座、ヒロセ通商のHirose-FX2について書いてみたいと思います。

ドルコスト平均法との相性が抜群です。

→8.ヒロセ通商のHirose-FX2ミニを選んだワケ
スポンサーサイト


ブログランキングに参加しています。記事が役に立ちましたらクリックして頂けると、とても嬉しいです。
スワップ派が集まる長期投資派のFXブログランキング
テーマ:ゼロからの資産作り - ジャンル:株式・投資・マネー
コメント
No title
こんにちは。ドルコスト平均法勉強になりました。ぜひ参考にさせてください!! 毎日冷や汗かきながらレートを見ています。これからもちょくちょくよらせていただきます。よろしくお願いします!!リンクも貼らせていただきました。
2008/04/04(金) 01:36:11 | URL | ひ~っちょん #-[ 編集]
リンクありがとうございます!
ひ~っちょんさんへ

リンクありがとうございます。ブログも拝見しました!

円高で含み損が膨らんでしまっているんですね…3月からFXを始められたのは幸運だったんだな~と改めて思いました(すいません…)。

スワップ狙いなら今は買い時のように感じます。でもエクセルで弾き出された数字以上のトレードはしないようにしてます。

今が底と思っていたら、そこから下げ基調になるのもあり得ることだと思いますので…


お互い、長期的に資産形成ができるようにがんばりましょう!時間は私たちの味方です!
2008/04/04(金) 12:43:01 | URL | マーサさん #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://fx1try2jpy.blog46.fc2.com/tb.php/8-a59acb9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。