トルコリラFXにドルコスト平均法でTRY!

為替相場の荒波にトルコリラで挑むFXブログ。主戦術はドルコスト平均法。

当ブログの投資手法の概要は下の記事からどうぞ。
投資手法のまとめとおさらい

現在のポジション状況は下の取引画面キャプチャーからどうぞ。
最新の取引画面キャプチャー

トルコリラのチャートまとめは下の記事からどうぞ。
トルコリラのチャートまとめ

トルコリラ投資家のブログは下のリンク先が参考になります。
にほんブログ村 トラコミュ トルコリラへ
トルコリラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しています。記事が役に立ちましたらクリックして頂けると、とても嬉しいです。
スワップ派が集まる長期投資派のFXブログランキング
FXのスワップは毎日口座に反映されます。預金のように年に2回とかではありません。

それを利用して、再投資していくと短いスパンの複利で資産が回ります。

漠然にそうだろうなぁと思っていたことを改めて計算してみると、かなりパフォーマンスが違うことに気づきました。

以下で示してみますね。分かりやすくするために為替変動とレバレッジは抜きで考えていますのでご注意ください。



仮に年利14%で元本1000万円を投資をしているとしましょう。

【ケース1、外貨預金(1年複利)】
これは単純ですね、1000万円×14%=140万円が1年後に利息として得られます(為替変動は考えていませんのであしからず)。

次の年は、この元本と利息を足して、1140万円の14%で159万円が利息で得られる計算です。これが本などでよく語られる複利運用のメリットですね。

【ケース2、FX(1ヶ月複利)】
年利14%ということは1日あたりに直すと、14%÷365日=0.038....%になります。
ここからスワップを求めると、1000万円×0.038....%=約3800円が1日に反映されるスワップポイントです。

これをそのまま貯めるだけなら、外貨預金の場合とパフォーマンスは変わりません。
しかし、FXの場合は、1ヶ月で貯めたスワップを元に新しくポジションを建てることが可能です。

1日あたり3800円なら1ヶ月でおよそ11万円になるので、1000通貨単位なら充分ポジションを建てられます。

よってFXの場合は1ヶ月経過した時点で、(外貨預金では1年後に行う)利息の元本への組み入れができるのです。

単純に数学で計算すると、

1日当たり0.038...%→30日当たり1.15%

1ヶ月目 元本1000万円×1.15%=11.5万円
2ヶ月目 元本1011.5万円×1.15%=11.6万円


12ヶ月目 元本1198万円×1.15%=13.7万円

となり、1年経過後の元本は、1211.7万円となります。



ケース1の1年複利では1年後に1140万円にしかならないのに対し、ケース2の1ヶ月複利なら1211.7万円になります。端数は省いていますし、ぴったりの通貨数にならない分の資金ロスもあるでしょうが、年利換算では、14%と21%と大きく差がつきます。

レバレッジなしで20%ということは、レバ3倍なら60%のリターンという計算になります(あくまで理論上です。為替差損が発生する可能性が大きいので実際のリターンはもう少し悪くなるでしょう)。



複利の素晴らしさはネット上や沢山の書籍で謳われていますが、短い期間で考えてみるとまた新しい発見がありますね。

しかし、投資信託ブログを見たあとで計算してみると、予定利回りがよすぎて怖いです(笑)なので、為替差損でバランスが取れればいいかと勝手に思ってしまいます…

でも、今は為替差益まで載って、嬉しい悲鳴です…

暴落しませんように…
スポンサーサイト


ブログランキングに参加しています。記事が役に立ちましたらクリックして頂けると、とても嬉しいです。
スワップ派が集まる長期投資派のFXブログランキング
テーマ:FX(外国為替証拠金取引)を始めよう! - ジャンル:株式・投資・マネー
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://fx1try2jpy.blog46.fc2.com/tb.php/36-97bb3056
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。