トルコリラFXにドルコスト平均法でTRY!

為替相場の荒波にトルコリラで挑むFXブログ。主戦術はドルコスト平均法。

当ブログの投資手法の概要は下の記事からどうぞ。
投資手法のまとめとおさらい

現在のポジション状況は下の取引画面キャプチャーからどうぞ。
最新の取引画面キャプチャー

トルコリラのチャートまとめは下の記事からどうぞ。
トルコリラのチャートまとめ

トルコリラ投資家のブログは下のリンク先が参考になります。
にほんブログ村 トラコミュ トルコリラへ
トルコリラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しています。記事が役に立ちましたらクリックして頂けると、とても嬉しいです。
スワップ派が集まる長期投資派のFXブログランキング
前回の続きです。
前記事:トルコリラのスワップ狙い運用シナリオが破綻するときその1



パターン4、トルコリラの暴落が一気に進行する

他のパターンとも被るかもしれませんが、とにかくトルコリラが暴落する場合です。ドルコスト平均法で進めているので、正直、ゆるやかな下降基調には耐えられます。エクセルでのシミュレーションも徐々に下がっていく方向でしているので、それには自信があります。

しかし、一気にロスカットになるほどの暴落が起こったときはどうするのか。

狼狽売りをしてもそれほどの暴落なら、損失を避けられないでしょう。

ならば、ロスカットされるまでどっしり構えていましょう

案外、そこまでは下がらずに戻り始めるかもしれませんし、もしロスカットになっても既に利益が出ている水準かもしれません

そして、ロスカットになったとしても、もう一度最初からやり直せばいいのです。そのときのトルコリラは超安値でお買い得なはずです(もちろん通貨危機のような状況なら別です!)。資金もロスカットされて返ってきた分がけっこうあるはずです。



パターン5、トルコリラのユーロ組み入れ

こうなったときはトルコリラという通貨自体がなくなってしまうのでどうしようもありません。ユーロ組み入れ決定後にトルコリラがどういう値動きをするのかも、これから調べてみる必要がありそうです。

トルコが経済的に発展すれば、10年以内に起こる可能性がないとは言えないでしょう。経済的な側面だけでなく、政治的な問題にも関心を払っておきましょう。

対応策は、他の高金利通貨に資金移動でしょう。



パターン6、FX業者の破綻

これはけっこう面倒です。何が面倒かと言うと、一度決済すると税金がかかるから

Hirose-FX2は信託保全があるので(最近LION-FXも信託保全が始まったようです)、資金は返ってくるでしょう。しかし、他の業者に資金移動させるために決済しなければいけません。そのときに含み益があれば、翌年に確定申告して税金を払うことになります。

先に税金を払ってしまうと、複利効果がかなり落ちます。理想は最後に手仕舞いするまで税金は払わずにおくことです。決済するまでは含み益として扱われ、実際の利益ではないので、これは可能な話です。

しかし、やらないわけにもいきませんので、他のFX業者に資金を移動させて、税金を払うことになります。対応策というよりは、こうせざるをえないという感じですね。ヒロセ通商さんには末永く頑張ってもらいたいです。



以上で、今、考え付く悪いシナリオは終わりです。世間のトルコリラ投資家の皆さん、参考になったでしょうか。他にもあったら是非教えて下さい。私もまだまだ勉強中です。

かなりネガティブ思考で書いてみましたが、悪いながらも耐えられそうだなと思えました。もちろん損はしたくないですが、それは投資のリスクですので受け入れるしかありません。

絶対に損はしたくないけど、儲けたいというのは子供のワガママレベルです。リターンを得るためにリスクを取ることの意味はきちんと理解して、投資していきたいと思います。

パターン6を書いていたら思うことがあったので、次回はどうやって税金を抑えて決済するかについて考えてみたいと思います。くりっく365にトルコリラがあれば何も悩む必要ないですが…
スポンサーサイト


ブログランキングに参加しています。記事が役に立ちましたらクリックして頂けると、とても嬉しいです。
スワップ派が集まる長期投資派のFXブログランキング
テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://fx1try2jpy.blog46.fc2.com/tb.php/33-346723a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。