トルコリラFXにドルコスト平均法でTRY!

為替相場の荒波にトルコリラで挑むFXブログ。主戦術はドルコスト平均法。

当ブログの投資手法の概要は下の記事からどうぞ。
投資手法のまとめとおさらい

現在のポジション状況は下の取引画面キャプチャーからどうぞ。
最新の取引画面キャプチャー

トルコリラのチャートまとめは下の記事からどうぞ。
トルコリラのチャートまとめ

トルコリラ投資家のブログは下のリンク先が参考になります。
にほんブログ村 トラコミュ トルコリラへ
トルコリラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しています。記事が役に立ちましたらクリックして頂けると、とても嬉しいです。
スワップ派が集まる長期投資派のFXブログランキング
前記事(私とFXの出会い)の続きです。

投資信託からFXに目線を変えた私ですが、まずは外貨預金的に使うFXの手法というものに出会いました。

それは、「レバレッジを1倍にして、取引をするだけ」というシンプルなものでしたが、そのメリットの多さに最初は驚きました。

通常、銀行の外貨預金では円から外貨に替える際に片道1円、往復2円の手数料を取られるのが一般的です。つまり1万ドルを購入する際には、1万×2円=2万円もの手数料が取られます。
1ドル100円のときに年利で2%得られるとしても、利息分の2万円は丸々手数料に消えてしまうことになります。

もし満期時に円高なら最悪です…。

しかし、FXなら往復手数料が1万通貨当たり200円や300円で取引可能です。
つまり、1万ドルなら200円や300円で保持できるのです。もちろん金利は、外貨預金と変わらない水準です(FXの場合、金利はスワップとして毎日少しずつ入ってきます)。1万ドルに対して100万円を証拠金として預け入れておけば、急激な円高になっても強制決済(ロスカット)されることはありません。

さらに外貨預金と違い、満期もないので、自分の好きなときに売却できます。
1ヶ月後に急速な円安で利益が出れば売却すればいいですし、1年後に円高で損になりそうなら保持し続ければいいのです。

これらのことを知って以来、今までギャンブル的なものという見方で接してこなかったFXが、急に魅力的な投資商品に見えてきました!

今振り返ると最初は、スワップ益を狙うという手法を知らなかったので、為替差益だけを追求したものがFXだと思っていたのです。しかも高レバレッジで、10万円の預け入れで1万ドルを取引するようなやり方でないと利益が出ないと誤解していました。

仮に10万円の預け入れで1万ドルを取引すると、たった10円円高になっただけで、資金がなくなってしまいますもんね。

しかし、適切なレバレッジでスワップ益を積み重ねる方法を取れば、大きな利益は狙えなくとも、安定した利益を確保できると気づきました。

(もちろん、世の中の人はとっくにそんなことは知っていると思いますが…)


自分の資産運用をFXに決めてからは、いくつかの投資方法を模索しました。

・短期トレードか長期トレードか
・分散投資か単一通貨か
・どの通貨を狙うのか
・どうやって購入していくのか

次からは上記の点について書いてみたいと思います。
最初の短期or長期は今までの部分でほぼ答えが出ていると思いますが、考えに至る部分を書こうと思います…

→3.短期トレードか長期トレードか
スポンサーサイト


ブログランキングに参加しています。記事が役に立ちましたらクリックして頂けると、とても嬉しいです。
スワップ派が集まる長期投資派のFXブログランキング
テーマ:FX(トルコリラ・アイスランドクローナなど高金利通貨運用) - ジャンル:株式・投資・マネー
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://fx1try2jpy.blog46.fc2.com/tb.php/3-f2f3abf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。