トルコリラFXにドルコスト平均法でTRY!

為替相場の荒波にトルコリラで挑むFXブログ。主戦術はドルコスト平均法。

当ブログの投資手法の概要は下の記事からどうぞ。
投資手法のまとめとおさらい

現在のポジション状況は下の取引画面キャプチャーからどうぞ。
最新の取引画面キャプチャー

トルコリラのチャートまとめは下の記事からどうぞ。
トルコリラのチャートまとめ

トルコリラ投資家のブログは下のリンク先が参考になります。
にほんブログ村 トラコミュ トルコリラへ
トルコリラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しています。記事が役に立ちましたらクリックして頂けると、とても嬉しいです。
スワップ派が集まる長期投資派のFXブログランキング


前回の続きで運用管理のエクセルファイルの説明です。上記のサムネイルをクリックで拡大します。

前回の記事はこちら

ロスカットまでは前回説明したので、今日はレバレッジあたりから…




青で色わけされたレバレッジは、P列の保有額÷現在の証拠金額で計算しています。
P列の保有額は、今現在のレート×保有通貨数で記入しています。

購入時には、その月の購入分は3倍になるように計算していますが、レートが変動するのでレバレッジはけっこう変わります。

より正確には、為替差益を反映させる必要があるので、レバレッジの項目は作り変える予定です。




ピンク色の累計スワップポイントは今までに得たスワップポイントの合計です。そのままですね。

この項目と、ピンク色の為替差益をもとにW列の損益を計算しています。

また、X列の決済は、今の時点で決済するといくらになるのかを表しています。

この辺のピンク色のセルは将来の予測のためという側面が大きいです。

暇なときはK列の購入レートを色々と変更してみて、損益がどう変わるのかシミュレートしています。
こうしてみると、どれくらいの値動きには耐えられるのか、とか、何年後にどれくらい利益が出ているのか、ということがうっすら分かります。




ではなぜ、そんなにもシミュレーションする必要があるのでしょう?

その答えの一つに為替変動に対する耐性をつけるということがあります。

トルコリラへの単一投資には、トルコという国のカントリーリスクが付きまといます。中東で戦争などが起こって巻き込まれれば、トルコリラは暴落して紙切れになってしまうかもしれませんし、政策金利の変更でトルコリラは魅力のない通貨に変わってしまう可能性も充分あります。

しかし逆に言えば、それがなければトルコリラに長期投資をする心積もりはあります。

このエクセルファイルで為替レートがどんどん下がっていく方向でもシミュレートしています。それでも長期的に持てば充分利益が出ます

トルコのような過去にインフレを起こした国になんか投資するべきではないともよく言われます。しかし、どんどん価値が下がっていくことを前提としても利益が狙える通貨だと私は考えています。

それほど、高金利の力はすごいです。

もちろん高齢化社会で徐々に悪くなると言われている日本に対して、トルコリラが下げ続けることはないのではないかとも考えています。スワップ益に加えて為替差益も得られれば、かなりのパフォーマンスになるでしょう。

これらのシミュレーションができることとできないことでは、投資に対する臨み方が全く変わってくるのではないでしょうか。




エクセルできちんと管理していけば、将来の為替レートの変動にもビクビクすることはなくなると思っています。

いつの時点で毎月のスワップが20万円を越えるのか、決済して金融資産が1億円を超えるのはいつなのか、トルコリラが20円を切っても運用を続けられるのか…

計算さえすれば、つたないながらも予測は立ちます。

リスク管理長期投資資産形成は切っても切り離せない関係です。今回の記事が長期投資家の役に立てば幸いです。

あなたもエクセルでの管理を始めてみませんか?
スポンサーサイト


ブログランキングに参加しています。記事が役に立ちましたらクリックして頂けると、とても嬉しいです。
スワップ派が集まる長期投資派のFXブログランキング
テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://fx1try2jpy.blog46.fc2.com/tb.php/15-5119843e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。