トルコリラFXにドルコスト平均法でTRY!

為替相場の荒波にトルコリラで挑むFXブログ。主戦術はドルコスト平均法。

当ブログの投資手法の概要は下の記事からどうぞ。
投資手法のまとめとおさらい

現在のポジション状況は下の取引画面キャプチャーからどうぞ。
最新の取引画面キャプチャー

トルコリラのチャートまとめは下の記事からどうぞ。
トルコリラのチャートまとめ

トルコリラ投資家のブログは下のリンク先が参考になります。
にほんブログ村 トラコミュ トルコリラへ
トルコリラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しています。記事が役に立ちましたらクリックして頂けると、とても嬉しいです。
スワップ派が集まる長期投資派のFXブログランキング
トルコリラが86円を超えています。5月分で83円で取ったポジションでも8000円くらいの含み益となっています。

また、本日のトルコリラ円のスワップポイントは315円でした。
これも為替レートが上がるにつれて、上がっていくはずです。




為替差益を狙っていなくても、レートが上がればそれにつれてスワップポイントも上がるので利回りがよくなって大歓迎です。

例えば、

75円で取った1万通貨のTRY/JPYポジションに対して、年利14%で計算すると、スワップポイントは一日287円になります。

しかし、現在のレートが上がって、毎日315円のスワップを得られるようになると利回りが劇的に良くなります

計算すると、(315×365)÷(75×10000)=0.1533年利15.3%ということになります。

もちろん実際はレバレッジをかけて運用しているので、投資元本に対しての利回りは15%の2倍や3倍になります。

預金の金利が1%にも満たないことを考えても、利回り向上は結構すごいことだと思います。




しかし、まだまだ仕込み時期なので、安易にレートが上がっていくのを喜ぶわけにもいきません。下がるよりは精神衛生上はいいですが、高値掴みもいやだなぁと考えてしまいます。

エクセル上でのシミュレーションは、段々とレートが下がっていく前提でしてあるので、時間が経つにつれ為替差損が降り積もっています。しかし、レートが上がっていくとしたら、逆に為替差益が積もっていくわけで嬉しい誤算です。

いちばん怖いのは、これから徐々に上昇して100円くらいまで行ってから、下降を始めて60円を切ってしまうような動きです。その後80円くらいまで回復してくれればいいのですが、60円付近をウロウロするような値動きだと、かなりの為替差損が発生してしまいます。

一方向に相場が進み続けるシミュレーションだけではなく、かなりの幅で上下することを見越して考えておく必要がありそうです。


ということで6月分のトルコリラへの投資は、とりあえず週が明けてから考えてみます。今は一時的な高騰かもしれませんし。

含み益14万円が嬉しいような困るような心境です。



ブログランキングに参加しています。記事が役に立ちましたらクリックして頂けると、とても嬉しいです。
スワップ派が集まる長期投資派のFXブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー
トルコリラのチャートを探す人はけっこう多いようです。確かにヒロセ通商のHirose-FX2でも2007年の6月25日までしか月足や日足ではさかのぼれなかったりするので、それ以前のデータを探す人が多いのも納得です。

簡単に見るなら私のオススメは、Googleファイナンスです。

http://finance.google.com/finance?q=TRYJPY

2005年の2月からのデータしか見られませんが、グリグリ動かせていい感じです。

この期間なら、新トルコリラになってからの最安値69円も含まれています。

これからレートがどう動くかは分かりませんが、少なくとも69円になってもロスカットをされないようにしておく必要はありそうです。長期投資家としては

69円で仕込んでおけた人は今のレートならかなり為替差益が出ているでしょうね。そして、為替差益以上にスワップ益も単純計算で1万通貨で1日250円としても、約700日分で17万円以上です!)。

タイムスリップしたら、競馬で大儲けと思っていましたが、今は株と外貨で大儲けだなぁと考えるようになりました。少しは進歩してるのでしょうか(笑)


ブログランキングに参加しています。記事が役に立ちましたらクリックして頂けると、とても嬉しいです。
スワップ派が集まる長期投資派のFXブログランキング
一昨日の記事をアップした後で、指値を83円に変更しておいたら、その日の晩に注文が約定しました。急に下がりだしたので、82円でもよかったのかもと思いましたが、深く考えないようにします(笑)

以下、今までの注文履歴です。




2008/03/21 300,000円入金
2008/03/21 TRY/JPY 10,000通貨買い 約定レート79円 手数料300円

2008/03/28 50,000円入金
2008/03/31 TRY/JPY 3,000通貨買い 約定レート75円 手数料90円

2008/04/30 50.000円入金
2008/05/21 TRY/JPY 2,000通貨買い 約定レート83円 手数料60円

■累計入金額 400,000円

■保有通貨数 15,000通貨
■平均約定レート 78.7333円

■本日(5/23)までの獲得スワップ 23.591円

★ロスカットレート 53.68円(5/21の注文時点の数字です)




今はトルコリラ円は83円台で推移しているので、含み益がある状態です。なかなか精神的には余裕が出てきますが、含み損になる可能性もあるので油断は禁物です。損益分岐レートを割ったら含み損なので、77円を切ると危ないですね。

ただ安くなったら仕込みどきなので、そのときは喜ぶことします。

ちなみに、6月分の追加資金を既に入金したので、累計入金額は450.000円になっています。前記事にも書いたように、これからはなるべく早く約定することを目指すので、6月に入るまでに次の注文を出すかもしれません。

ドルコスト平均法としては、近い時期に注文がまとまるのはよくないかもしれませんが、来月から合わせていけばいいかなと考えています。


ブログランキングに参加しています。記事が役に立ちましたらクリックして頂けると、とても嬉しいです。
スワップ派が集まる長期投資派のFXブログランキング
テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー
どうもマーサさんです。

トルコリラが上がってきて、5月分の投資注文がなかなか約定しません。80円の指値に無理があったということでしょう。

今は21日ですが、今月に入ってなかなか約定しない状況を経験しています。それから学んだことは、やはり私は相場を読んでトレードするのに向いていないということです。

70円台まで戻るだろうと思ってもレートは上がるばかり…それを見て指値を80円に上げるもその水準まで下がりそうもない…

楽しみとして、タイミングを計って安くポジションを建てようとしていますが、逆に精神的に悪いかもと思えてきました。



そもそも30日先の為替なんてプロでも予測不可能なのだから、月初に「今は高いけど下がるはず」とか考えること自体間違っているわけです。

もともとドルコスト平均法は投資信託の勉強をしているうちに頭に入ってきた投資方法です。しかし、投資信託とFXでは一つ大きな違いがあります。

それがスワップの存在です。

投資信託なら月初にもっと下げると考えていて、月末に同じ基準価額で購入することになっても損失は発生していません。しかし、FXでは月初にポジションを取れなくて、月末になってしまうと、その分のスワップ益を得られません

上げられるはずの利益が上がらないのは立派な機会損失です。

すなわち証拠金が追加できたなら、すぐさまポジションを建てるのが得策なのかもしれません。

メリットは、
 ・スワップ益を無駄なく得られる
 ・注文後、レートが急騰した場合は安く買えたことになる

デメリットは、
 ・注文後、レートが急落した場合、高値掴みしたことになる



こう考えると、すぐさま注文を出すメリットの方が大きいように思います。また、注文後にレートが下がってもスワップ益は入ってきていたわけなので、ダメージが少し和らぎます。



以上にように考えると、証拠金を積み増しできるなら、すぐさまポジションを建てた方がよさそうです(もちろんその時点でなるべく安く)。

そして、マーサさんは月末に資金を追加して、翌月の投資に充てていますが、給料日自体は20日です。追加資金は月末まで遊んでいるわけです。

つまり悠長に月末まで待たずに、20日以降にはすぐポジションを建てるべきでした。

よって、これからは追加資金ができたら、すぐに投資に回して、なるべく早くにポジションを建てる方針でいきます!

とりあえず5月分の投資は今日にでも約定させたいと思います…

ブログランキングに参加しています。記事が役に立ちましたらクリックして頂けると、とても嬉しいです。
スワップ派が集まる長期投資派のFXブログランキング
テーマ:FX(外国為替証拠金取引)を始めよう! - ジャンル:株式・投資・マネー
かざか証券のMy外貨でトルコリラと南アフリカランドのレポート配信が4月28日から始まっていたようです。ていうかかざか証券でもトルコリラが取引できるようになったんですね。

https://trade.mygaika.com/trade/web/jsp/camp/camp_tryzar.jsp?cp=

でも、口座開設者だけの公開だそうで、もちろんマーサさんは見られません…
かざか証券は1万通貨単位の取引なのと、初回入金が5万円らしいので、情報取得目的で口座開設するわけにもいきませんね(汗)




ネット銀行でのFX業務の取り扱いや、トルコリラなどの高金利通貨の新規取り扱いなど、FX業界は動きが早いですね。情報収集はもちろん大事ですが、不必要な情報ばっかり集めることになってしまわないように注意します。

今は、FX業者の倒産リスクの分散のために(ヒロセ通商は問題ないですよ!)、トルコリラの取引のできるFX業者を探しています。取引単位が上がってしまうのは仕方ないとして、初回入金5万円とかは勘弁してもらいたいですね。とりあえず開設だけできれば充分なんです(笑)

運用資産が徐々に膨らんできたら、1000通貨単位でやる必要もないので、今の口座からどこかに乗り換えるかもしれません。同じヒロセ通商でもFX2ミニとFX2ならFX2の方が手数料もお得ですし。




また、レバレッジも今は3倍ですが、運用額の増加とともに下げる可能性はありますシミュレーションでは、「あと1円でロスカット!」とかも想定して計算していますが、現実問題そうなったときに大きなポジションをそのまま保有し続けるのは無理でしょう。

なので、ロスカットレートと現在レートがこれくらい近づいたら、レバレッジを調整するというルールを作っておいた方がよさそうです。

具体的にはまだ決めていませんが、10円を切ると心理的には怖いですね。

もちろん、80円のときの10円と、60円のときの10円では、下落幅が全然違います。80円から10円下がるのは12.5%の下落ですが、60円から10円下がると16.6%の値下がりです

数学的にはそうでも、心では同じくらい怖いです。

私は、長期投資にはかなり心理的な面が大事だと思います。

頭で考えて納得しようとしても、ロスカットに怯える心はなだめられません。そして、そんな心理状態で過ごすことは生活の豊かさを脅かします。

だからこそ、ここは心の問題だと分かっていても、レバレッジ下げて安心感を得る手法が時には必要でしょう。

分かっていてもあえて、心の平穏を優先するのです。

来るべき時に備えて、(もちろん来てほしくはありませんが)そういう危機回避のための仕組み作りもゆっくりしていきたいと思います。

ま、あと2年くらいは先の話でしょうけど…

ブログランキングに参加しています。記事が役に立ちましたらクリックして頂けると、とても嬉しいです。
スワップ派が集まる長期投資派のFXブログランキング
テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー
ゴールデンウィーク明けに入れたトルコリラ円の80円指値ですが…

今現在のトルコリラのレートは大体83.44-83.80で、はっきり言って、80円で約定する気がしません!

しかし、ここで83円などに変更すると、そこから下落して結局高値掴み…というのも想像がつくので、このまま80円の指値をキープします!

レートが上がって含み益が8万円とか超えてきてますが、決済しないので全然嬉しくないです(笑)スワップ金利が増えれば大喜びなんですが、ヒロセ通商のHirose-FX2ではトルコリラ円は今のところ1日当たり300円です。

電卓を叩くと、300×365÷83.80÷10000=0.130…となって、今のトルコリラは年利約13%の投資対象となっています。




中国の地震やミャンマーのサイクロンなどの自然災害やチベットの政治問題などをニュースで見ていると、トルコに今なにかあったらどう動くべきか、ということを考えてしまいます。

仮に暴落したとして、その中で決済しても損を確定させるだけでしょう。

ならば、ロスカットにならない限りは保有し続けるのが、スワップ派として正しい判断のように思います。投売りで下がったレートは、何年かかかってもきっと上がってくるはずです。そのときに恩恵を受けるには、ポジションを持ち続けるしかありません。ノーリスクノーリターンです。

ほぼ根性論ですが、長期投資家はそういう心意気がないと務まりません。

これはもちろん一例です。
もしものときに自分がどういう判断を取るべきか、一度考えてみてはどうでしょう。

冷静な今、決めたことを遵守する方が、混乱の中で考えるよりも賢明な判断を下せるはずです。
もしも天災がきたら、すぐにポジションを閉じるというルールでも構わないのです。
あらかじめ決めておくことが大事です。

時間だけは沢山あるので、そういうリスクについて思いを巡らせるのもいい過ごし方です。


ブログランキングに参加しています。記事が役に立ちましたらクリックして頂けると、とても嬉しいです。
スワップ派が集まる長期投資派のFXブログランキング
テーマ:スワップ金利で生活! - ジャンル:株式・投資・マネー
今日はちょっと息抜きに本の話を。トルコリラとは全く関係ありません。



先日本屋でたまたま見かけて、上記の仕組み仕事術という本を購入しました。

要するに、仕組みを作って、仕事の効率を上げようという内容です。

そのシンプルさがとても気に入ったので、自分の仕事・生活にも反映させてみようと格闘しています。

今日はトルコリラも決済しそうにないので、この本のレビューを。




1、仕事をPCのTODOリストで管理しておく(私の場合、本文中で出てきたOutlookを使用)
2、仕事(特に繰り返し行うもの)の作業手順をチェックシートにして、機械的に処理してしまう(ワードやエクセルで作成)

本の主張では、この二点が最も重要な事柄です。当たり前で使い古された手法にも見えますが、この本では徹底的に上記を実行するのがミソです。

例えばTODOリストには、日々の仕事はもちろんのこと、今日ボールペンを鞄に入れ忘れたとなれば、「ボールペンを鞄に入れる」という項目まで作る。税金の納付や免許証の更新など、何ヶ月も何年も先のことでも入力しておく。

こうすることで記憶しておく必要がなくなるので、脳を他のことに使えるそうです。もちろんうっかり忘れてしまうことも防げるので、「覚えてないといけない!」というストレスも軽減されます。

私的な感想を言えば、記憶力も鍛える必要があると思うので、TODOリストに入れたからと言って忘れていいというのは、逆に脳に悪そうだなとは思いました。




二番目のチェックシートで細かく作業手順を残していくことはメリットが多くて眼から鱗でした。

名シェフの絶品ハンバーグの話はとても分かり易い例で、仕組み仕事術の考え方が凝縮されているようでした。

名シェフの絶品ハンバーグを焼けるのが名シェフだけの場合、名シェフがいないときは味が落ちてしまうし、名シェフは自分しかできないのだから絶品ハンバーグをずっと焼き続けなければならない。

一方、詳細なレシピに落とし込めば、バイトでも絶品ハンバーグが焼けるので、名シェフがいなくても味は変わらない上に、名シェフは新メニューの開発に時間を使うことができる。

これを自分の仕事に落とし込めている人がどれだけいるのでしょう。

自分でやった方が早いからという理由で、他の人でもできる仕事を自分でやってしまう。ではあなたが倒れたときにその作業をできる人はいるのでしょうか?

自営業の自分には耳の痛い言葉でした…

もし今、事故に遭い意識不明の重体になって半年間目覚めなかったとします。
私の仕事はすぐに回らなくなって、目覚めたときには売上はゼロになっているでしょう。

そうならないために普段から業務のチェックシートを作って、仕組み作りを進めていかなければならないと痛感しました。

また、チェックシートは他人が再現できるほど細かく記述することで、自分が次に行うときの時間短縮にもつながります。

慣れている作業でも、「ええと、次は何をするんだっけな…」と考えている時間が積み重なって、時間の損失となっているのです。



久々にいい本に出会ったなぁと思います。導入したばかりですが、付箋やメモ書きでのTODOリスト管理をしていた頃に比べると格段に仕事がやりやすくなりました。

Outlookって便利だったんだなぁとも、しみじみ(笑)

日々の仕事に追われているビジネスマンや経営者の方には絶対おすすめですよ。


ブログランキングに参加しています。記事が役に立ちましたらクリックして頂けると、とても嬉しいです。
スワップ派が集まる長期投資派のFXブログランキング
テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス
連休明けの今日当たり為替レートが動く可能性があるかと思い、TRY/JPYに75円指値を入れて様子見していましたが、84円をつけているようなので修正しました。ここまで騰がれば、70円台に戻るのは5月中は難しいかなと思ったので、80円で指値を入れました。

また、ドルコスト平均法を守ると、80円の場合は2000通貨の取引になります。

よって、
 75円でTRY/JPY3000通貨買いポジション
から
 80円でTRY/JPY2000通貨買いポジション
に注文内容を変更しました。

注文通貨数が減ってしまうのは寂しいところですが、少額ずつちまちま買い足していって平均購入レートを下げることが肝要なので、我慢のしどころです。

実際のところは3月4月の安値圏で大量の資金を注ぎ込みたいとか考えてしまいます…でもそんなことをしてどんどん下がる局面だったら大変なことに…何度かはうまくいっても、大損して退場に追い込まれるかも…だから今月は2000通貨でオッケー!

のんびりやるとします(笑)


ブログのデザインをちょっとだけいじりました。

左メニューのプロフィール欄の口座資産に5月分の5万円が反映されていなかったので、訂正しました。5月分の注文が約定すると、399,610円から2000通貨分の手数料60円が減る予定です。

また、ブログに初めて訪問された方に、当ブログの投資方針を分かっていただけるように記事の上部に「投資手法のまとめとおさらい」へのリンクを掲載しました。

今まではプロフィールのところに小さく「わたしの投資手法」とリンクを貼ってあったのですが、分かりにくいなと感じていたので目立つ場所に移動しました。

スワップ運用とドルコスト平均法と長期投資について、参考にしていただけると幸いです。




運用に利用しているエクセルファイルをダウンロードできるようにしたら、欲しいっていう人はいるんでしょうか…今は個人的な代物なので公開に耐えませんが、需要があればやってみたいと思っています。

ご意見募集中です!

あ、もちろん投資は自己責任でお願いします!


ブログランキングに参加しています。記事が役に立ちましたらクリックして頂けると、とても嬉しいです。
スワップ派が集まる長期投資派のFXブログランキング
テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー
GW中に大きく値が動く可能性もあるかもしれないと思い、5月1日からTRY/JPYに75円で3000通貨指値を入れています。

が、そんなレートには全くなりそうもないですね…

今日が連休最終日なので、日本人は明日から活発に取引を始めそうです。その様子を見て、指値のレートをいじろうかと思っています。

大きく動かないようでしたら、80円程度まで指値を引き上げるかもしれません。




ちなみになぜ75円で指値を入れたかと言うと、76円以上だとドルコスト平均法では2000通貨しか注文できなかったからです。

(参考:ドルコスト平均法をFXに適用する運用方法その1その2

スワップ派なら、投資資金の中でなるべく多く買いたいと思うのが当然の心理です。

しかも2000通貨と3000通貨ではかなり大きな違いです。1.5倍です。

しかし、約定せずに月末まで行ってしまうとその間に得られるはずだったスワップ益も得られない…機会損失が発生してしまうジレンマ…

なかなか悩ましいです(笑)

でも数少ないトレードの楽しみでもあるので、今週は相場を見守ってみます。




ちなみに今現在の含み益は約7万7千円になっています。3月4月が安値すぎたのか、5月が上がりすぎているのか、答えは5月が終わってみないと分かりませんね。

取引画面キャプチャも更新したのでチェックしてみてくださいね。



ブログランキングに参加しています。記事が役に立ちましたらクリックして頂けると、とても嬉しいです。
スワップ派が集まる長期投資派のFXブログランキング
テーマ:投資日記 - ジャンル:株式・投資・マネー
FX-naviのJNSが金融取引業の登録取り消し処分になりました。これに伴って、現在開かれているFX口座が全て解約になるので、ポジションを全て決済しなければならないそうです。

PDFでJNSのホームページに掲載されている資料から以下、抜粋です。


今後の対応
(1) お客様からお預かりしたご資産の円滑なご返却
今般の行政処分を受け、お客様からお預かりしたご資産は順次ご返却させていただきます。尚、現在弊社の自己資本規制比率は回復しており、お預かりしたご資産は分別管理されておりますのでご安心ください。
平成20年5月1日現在、取引口座に残高が有り、保有ポジションをお持ちでないお客様は全額出金のお手続きを行っていただきますようお願い申し上げます。
平成20年5月1日現在、保有ポジションをお持ちのお客様は速やかにポジションの決済を行っていただきますようお願い申し上げます。その後、スワップポイントが口座残高に反映され、口座残高が確定した後、全額出金のお手続きを行ってください。
また、本日よりご入金のご依頼を承ることはできません。誤ってご入金された場合
は、ご登録いただいている銀行口座に返金させていただきます。
円滑にお客様のご資産をご返却できますよう役職員一同全力で取り組む所存です。
尚、出金のご依頼が集中しているため、業務に遅延が見られることもあるかと存じ
ますが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。
(2) お客様からの新規注文受託の停止
平成20年5月2日午前0時よりお客様からの新規注文の受託を停止致します。決済注文以外は弊社側で強制決済させていただきますので予めご了承ください。
(3) お客様の保有ポジションの清算
FX-naviオンライントレードのお客様の保有ポジションは速やかに決済していただきますようお願い申し上げます。
FX-naviレギュラーのお客様で保有ポジションをお持ちのお客様には、弊社営業担当者より個別にポジションの決済をお願いさせていただきます。
FX-naviマスターのお客様で保有ポジションをお持ちのお客様には、FX-naviマスター専用デ
スクより個別にポジションの決済をお願いさせていただきます。
(4) 口座解約手続きの履行
本日より取引口座の残高が無くなり次第、適宜、口座解約の手続きを行わせていただきます。別段、お客様より口座解約の申し出をいただく必要はございません。



とにかく保有ポジションを解消して、口座から資金を引き上げろということですね。




今回の事件を受けて考えたのは、やはりFX業者は倒産のリスクが大きいんだなということです。

JNSはホームページだけを見れば、きれいで信頼できそうな雰囲気です。また、条件もよく、公開されていた自己資本比率も適正なものでした。

それでもこんな事件が起こってしまいました。
今回は、預け入れ資金は返却される可能性が高そうなので、不幸中の幸いかもしれません。

しかし、他のFX業者の口座に資金を移すにしても、業者の検討から始めて、口座開設完了までには、時間のかかってしまう人が多いと思います。

今使っている業者がいつ破綻するか分からないと考えれば、なるべく同じような取引条件の業者にも口座開設しておく必要があると思いました。

今私は、ヒロセ通商のほかには、外為どっとコムの口座を持っていますが、トルコリラの取り扱いがないので、もしものときの代替手段にはなりません。

リスク分散のためにも、他のトルコリラが取引可能なFX業者を探そうと思います。

JNSの件は、よい勉強になりました。


ブログランキングに参加しています。記事が役に立ちましたらクリックして頂けると、とても嬉しいです。
スワップ派が集まる長期投資派のFXブログランキング
テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。